戦国ドラまちEXPO

Original
Original

7

「土岐鷹から麒麟へ」大桑城跡御城印付き!山県市大河ドラマツアー

美濃乱世始まりの地 光秀と大桑城のものがたり

Display
Display

山県市は、明智光秀が生まれた地だと言い伝えられています。
青年期、光秀は斎藤道三に仕えていたと言われています。

山県市にある古城山には、美濃国守護土岐氏最後の居館「大桑城」があり、
道三によって攻め落とされました。

大河ドラマでも登場した「大桑城」跡では、現在発掘調査が進められています。

今回は、新たに作成された赤色立体図を紹介するとともに、
発掘の最新情報もお伝えします。

参加者には、焼き討ちされた大桑城をイメージした
焼き目が特徴の御城印をお送りします。




注意事項

決済が完了した方へ開催前日までに、限定公開のURLをお送りします。

ライブ配信します。ZOOMでご参加いただけます。

お支払い
・開催前日までにお支払いがない場合、ライブ配信をご覧いただけません。ご注意ください。
・申込後の自動返信メールをご確認下さい。クレジットカード決済でお願いいたします。
・お支払い後の返金はできません。

注意
迷惑メールフィルタ等が原因で、当方からのメールが届かない場合がございます。
お支払い後、開催前夜になっても限定公開URLが届かない場合は、必ずご連絡ください。

下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display

加藤裕章・西村覺良

大桑城跡の麓に住む戦国案内人2人が、謎の多い明智光秀や土岐氏に焦点をあてながら、大河ドラマの舞台となった山県市を案内します。

申し込み・問い合わせ先

実施スケジュール

第1回

実施日時
2021/01/31(日) 10:00 〜 11:00
予約開始
2020/12/26 20:00
予約終了
2021/01/27 20:00
料金
1,500円
定員
9 / 30 人
最少催行
5人